2016年08月10日

夏の旅2016 1日目 出発〜扇沢駅へ

この夏の旅行は長野北部周辺へ行ってきました。

チョビのいない初めての旅。。。
旅の途中でもチョビを思い出してはさみしい気持ちになりましたが、あの時はこうだったね、ああだったねと話すことがチョビの供養にもなると思いながら、楽しい旅をしてきました。

まずは1日目。
8月1日月曜日。
ほぼ予定通り10時半に自宅を出発しました。

20160801-0.jpg
いよいよしゅっぱ〜つ♪

平日の昼前ということで渋滞もほとんどなく、12時過ぎには双葉SAに到着。
1時間ほどのランチ休憩ののち再び高速へ。
14時過ぎには諏訪湖SAへ到着。
諏訪湖SAには初めて立ち寄りましたが、意外にも湖が近くてびっくりしました。
ここからはぷー助が運転したのですが、この後悲劇が。。。

長野道は順調で、15時半には安曇野ICを下り、扇沢に向かって下道を走っていたとき、ちょこっと道端の看板に目をやったのがいけなかった・・・
前方に視線を戻すと、ブレーキランプが点灯した前方車両が目の前に!!!
2台前の車が右折のため停車したところだったようで、慌てて渾身の力でブレーキを踏むぷー助。
幸い追突は免れ、サードシートに乗車していたパパとけいちゃんもシートベルトのおかげでケガもなかったのですが、ダイネットの床がびしょ濡れに・・・・Σ(゚д゚lll)エェ~~

どうやらサードシート下の生活用水タンクのフタが外れて(閉めがあまかったのか?)、急ブレーキの反動でザップーーーーン!!と出てきたようでした。
床が池のような状態で、置いてあったガイドブックなどの本類も水浸し・・・

でもまぁ、事故にならず、けが人も出ず不幸中の幸いだったと思います。
わき見運転の恐ろしさを身をもって知ったぷー助でした。

そんなアクシデントのため、少し予定が遅れたものの、16時には道の駅安曇野松川に到着。

20160801-1.jpg
七夕飾りに短冊をつけました

お土産を買ったり、七夕の願い事を書いたり(ぷー助の願い事は「安全な旅ができますように」にしました)して気分転換。
そして17時過ぎにようやく本日の目的地である扇沢駅の無料駐車場に到着しました。

黒部ダムへ行くのが目的なのですが、黒部ダムへはマイカー規制があるため、長野方面からだとこの扇沢駅からトロリーバスに乗って行くことになります。
駅のすぐ目の前には有料駐車場もあり、こちらで夜を明かすこともできるのですが、いかんせんキャンピングカーは乗り入れ禁止になっておりまして・・・
すこし離れた無料駐車場で車中泊することにしたのです。

20160801-2.jpg
本日の宿泊地に到着

無料駐車場は思った以上に駐車車両が多くてびっくりしました。
どうやらここに車を置いて、登山する方々が多いようです。

到着後は、扇沢駅を少し散策。
ちょうどこの日最後の黒部ダムからのトロリーバスが到着したところでした。
そして、この日はトロリーバスのお誕生日(トロバースデー)だったようです。
昭和39年8月1日に関電トンネルトロリーバスは営業を開始したのだそうです。

20160801-3.jpg

20160801-4.jpg
トロリーバスの扇沢駅

20160801-5.jpg

20160801-6.jpg

20160801-7.jpg
扇沢駅の目の前にある有料駐車場

駅では翌日の乗車券が6:50頃から販売されることや始発が7:30であることなどを教えていただきました。
そして、コニーちゃんに戻ろうとするとすごい雨がΣ( ̄ロ ̄lll)
しばらく駅で雨宿りするも、なかなか止む気配がなく・・・
小やみになったところでエイヤっと歩き出し、なんとか車に戻るとまたもや雨脚が強くなり・・・
これも不幸中の幸いでした^^;;

さすが山の中、雷の音がものすごく大きく、チョビがいたらもう大騒ぎだったよね〜なんて話をしながら、持参した食糧で夕食をとり就寝したのでした。



posted by ぷー助 at 12:41| Comment(2) | TrackBack(0) | おでかけ・旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

行ってきました〜

先週は夏休みキャラバン。
長野北部周辺をウロウロしてきました
詳細はまた後日〜(*^▽^*)

CIMG4794.JPG



posted by ぷー助 at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ・旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

西湖で水遊び20160724

週末、2年ぶりに西湖で水遊びをしてきました。
鳴沢方面に用事があったので、どうせならと用事の後に一泊して西湖で水遊びをしようかと思ったのです。

CIMG4617.jpg

CIMG4621.jpg

初めて西湖に遊びに来たのは2009年でした。
ワン友さんにお誘いいただいて、ウォーターワークに参加したのが始まりです。
初参加の様子はこちら
水遊びするチョビ(チョビ&パパペアは「作業」というより遊びの感覚が大きかった^^;;)は本当に楽しそうで、そんなチョビの嬉しそうな顔が見たくて何度も足を運びました。

子供が生まれてからは、頻繁には行けませんでしたが、それでも年に数回程度、細々と楽しんできました。
ここ数年は膿皮症がひどくなってきて、一昨年のウォーターワークが最後となってしまいましたが。。。
一昨年の様子はこちら

チョビが大好きだった西湖。
チョビ譲りなのか、娘も水遊びが大好きで、西湖大好き(*^^*)
チョビがいない西湖はこみ上げるものもありましたが、懐かしい大切な思い出がいっぱい。

今度はもっとゆったりしたスケジュールで遊びに行きたいと思っています。

IMG_20160724.jpg

IMG_20160724_2.jpg
この日はウォーターワークの先生の愛犬ファーファちゃんがたくさん遊んでくれました

ファーちゃんもフォンちゃんがお空に行ってしまってさみしいものね。
何かが共鳴したのかな。。。
とっても癒されたよ^^
ファーちゃんありがとう(*^^*)



posted by ぷー助 at 11:24| Comment(2) | TrackBack(0) | おでかけ・旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月19日

春の花々〜矢車草、パンジービオラなど

昨年秋に種まきした矢車草(矢車菊)やパンジービオラなど、春にはたくさんお花が咲いて長いこと楽しませてくれました
あまり写真に残っていないのですが、数少ない写真をまとめてアップしてみます。

20160313.JPG
クリスマスローズ(3月13日撮影)

20160325 (4).JPG
クリスマスローズ、サクラソウ(3月25日撮影)

20160330-2.JPG
種から育てた矢車草(3月30日撮影)
淡いピンク色のお花がぷー助のお気に入り
矢車草の種まきの様子はこちら

20160330-3.JPG
茎が折れてしまった矢車草は水にさして(3月30日撮影)

20160501-7.JPG
ピンボケですが、冬に強剪定してみたバラも元気に咲いています(5月1日撮影)
強剪定などの様子はこちら

20160509-1.JPG
種まきパンジービオラもたくさん咲き誇りました(5月9日撮影)
パンジービオラの種まきの様子はこちら

20160509-3.JPG
矢車草は様々な色の花がたくさん咲いてとってもキレイでした(同日撮影)

20160509-4.JPG
高さが1m以上になって風対策が大変でしたが^^;;(同日撮影)

20160509-2.JPG
開花時期も長く、思った以上に楽しめた矢車草(同日撮影)

今回矢車草を種から育ててみて、高さのあるナチュラルな雰囲気のお花の魅力に気づかされたぷー助。
ただ今ナチュラルガーデンに興味津々で、庭の一角にテーマのあるガーデンを作ろうかと思案中です。

また、今春の種蒔き時期には、サルビア、センニチコウ、ナデシコ、マリーゴールド、ジニアなどを蒔いたり(現在メモリアルガーデンほかで開花中)、お友達から様々な挿し穂をもらってハーブを挿し木にしたりと、実はかなりガーデニングに没頭していました。

今年もまた猛暑の予感。
水やりにも気を使わねば。。。



posted by ぷー助 at 22:07| Comment(2) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

埋骨、そしてメモリアルガーデン

昨日、私たちの大切な家族チョビと大ちゃんを埋骨しました。
火葬してもらったメモリアルパークに納骨することも考えましたが、やはり慣れ親しんだ我が家でゆっくりしてほしいと思ったのです。
折しも植木屋さんに庭木の剪定や一部伐採をしていただいたばかりで、新たに花壇を作ることにしていたので、その花壇に埋骨することにしました。

DCF00262-2.jpg

本当はイングリッシュガーデン風にしたかったのですが、春蒔き種から育てた一年草の苗が大量に余っていたのと、夏場は10時過ぎから17時半くらいまでガンガンと西日にさらされるこの場所では暑さに強い花でなければ厳しいだろうことから、とりあえずは手持ちの夏の一年草を植えることに。

縁にはマリーゴールド、その内側にはジニア、一段高い紡錘形の囲いにはサルビア、その奥にはセンニチコウ、一番奥の半月状囲いにはヒマワリの種を植えました。
サルビアとセンニチコウはまだ苗が小さいのですが、大きくなればそこそこ高低差のある花壇になるのではと期待

秋から冬にかけては日当たりを観察したうえで、また植えるお花を考えたいと思っています。
冬場は陽が低くなるので、今度はめっきり日当たりが悪くなるのよね・・・

チョビも大ちゃんもお外を眺めるのが大好きだったし、チョビとはたくさんお花見も行ったものね
ここでたくさんのお花やお外を眺めながら、ゆっくりしてね
私も楽しみながら、このメモリアルガーデンをお世話していきたいと思います。

IMG_3136-2.JPG

CIMG3295.JPG

CIMG3311.JPG

CIMG3116.JPG




posted by ぷー助 at 12:26| Comment(2) | TrackBack(0) | お散歩仲間チョビ&アイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

チョビ、ありがとう

4月3日(日)、チョビは、2月に大ちゃんを火葬してもらった霊園で火葬してもらい、おうちに帰ってきました。
今は慣れ親しんだハウスの中でゆっくりと休んでいます。

160403_122152.jpg
屋根の上は火葬炉の熱気のためかゆらゆらして見えました

長くなるので記事をたたみます。

続きを読む
posted by ぷー助 at 21:43| Comment(4) | TrackBack(0) | お散歩仲間チョビ&アイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月01日

チョビ、旅立ちました

本日午前9時17分、私と娘に見守られてチョビは旅立っていきました。
今は痛みも苦しみもない穏やかなお顔で眠っています。

4月3日(日)11時、風になってお空へ帰っていく予定です。

よく頑張ったね、チョビ。
いつまでもいつまでも大好きだよ。



もう歩けないのかな・・・

3月31日(木)
前日に病院から戻って以来、玄関のタイル土間から動かず一晩を明かしたチョビ。
朝も息を吸うと同時に起こる震え(痙攣?)は収まっていませんでした。
水もフードも拒否が続きます。

起床したパパがリードをつけて「散歩行くよー」と何度かクイクイっと合図するとノロノロと散歩へ出かけていきました。
ウルトラショート散歩ではチッチ(パパ色は確認せなんだ・・・)とウンチ少々。
帰宅後お水を少し飲みましたが、フード他食べ物は一切拒否。。。
そして手術の傷口のガーゼ交換、浸出液とほんの少しの出血あり。

10:30頃も自ら水を飲みましたが、食べ物は拒否。
お昼になっても呼吸(吸気)に呼応した痙攣のような震えは収まらず、う〜ん点滴の影響がここまで続くものかなぁ?と思いネットで検索。
寒さで痙攣のように震えることもあるようなので、ひょっとして玄関のタイルが寒いのか?と思い、ケージで使っていたベッドを玄関に置いて、その上にチョビ寝かせてあげました。
するとじきに震えなくなりました。
また14:20頃にも水を自ら少し飲みました。

夕方、外出から帰ると水を飲んだあとがあり、さらに18:20頃、18:40頃と水を飲んでいました。
ふと、毛刈りした地肌が見える部分に赤いぽつぽつをいくつも発見。
膿皮症が出てきちゃったかなぁ。それとも病気に影響かなぁ。

20時頃、撫でているとやけにチョビの体が熱い。
内股付け根で検温すると39.9℃!!
これって直腸検温なら41℃近いんでは!?と焦りました。
これは夜間診療(かかりつけの提携病院でちょっと遠い)を受けるべき?と思いましたが、とりあえず、ベッドからひんやりするタイル土間に下して、保冷材で内股の付け根や脇の下を冷やすことに。
そうこうするうちに体温が下がってきたように思ったとたん、今度は例の呼吸に呼応した痙攣のような震えが再発。
これはやはり寒気からくるものなのかも・・・と思い、再びベッドの上にチョビを乗せると、じきに震えも止まりました。

22:30頃、水を飲み、体温は相変わらず高めな感触でしたが、先ほどのような熱感はなかったので、様子見することに。
23時頃、突然玄関のタイル土間からむっくり起き上がって部屋に入ってきたチョビ。
歩みはふらふらよろよろとしています。
そしてリビングに入るとバタッと倒れました。

え!?まさか!!と思ったぷー助とパパでしたが、とりあえずパパが寝るソファ(今週からチョビを2階にあげるのはやめてパパが1階でチョビと寝ています)のそばに座り落ち着きました。
あぁ、ついに歩けなくなってしまったんだなぁと思ったぷー助でしたが、しばらくするとよろよろと立ち上がって水を飲みました。
そしてまたよたよたと歩いて場所移動。
パパの足元に落ち着いて日が変わりました。

本日を通じての気づきは、チッチを1回しかしていなので結石のこともあり膀胱炎などが心配であること、ネバネバしたよだれが多く出ていたこと、黄色い鼻水が多かったこと、目の炎症が引き続いていることなどでした。
明日、病院で先生に相談しなければ。



2016年03月31日

フード拒否&皮下点滴(輸液)

20160326.jpg
2階から降りる時には抱っこひもです・・・簀巻きチョビ^^;;

3月30日(水)
朝から食欲なし。水も飲まず。前日に少しだけ食べてくれたチーズを口元に持っていっても、食べたそうにヨダレを垂らすものの食べようとしません。
どこか痛いのかな?のどや消化器経路になにかあるのかな?一昨日散歩中に枝を食べたから?
しかもケージから全く出てこようとしません。
ともかく脱水が心配だったので、無理やり引っ張りだして病院へ。
入室前には濃い黄色のチッチ。

160330_093957.jpg

触診では特に異常はなし。
そこで顎、胸、お腹のレントゲンを撮ってもらいました。
肺の腫瘍は4日前よりも大きくなっていました・・・
お腹にガスがたまってはいるものの、ほかに食欲を減退させる要因になるような異物は確認できず。
直腸検温は39.9℃。う〜ん、今までで一番高いです・・・
体重25.8キロ。減ってます。

水も飲まないのはやはりよくないので、皮下点滴による輸液と前日と同様の吐き気止め&胃酸分泌を抑える薬を注射することになりました。
肢の手術の傷は治りが順調なので、飲み薬の抗生剤は飲みたがらないようなら無理に飲ませなくてもOK。
ただ目ヤニと涙、充血で、目の炎症を抑えるために点眼の抗生剤をもらいました。

午前中いっぱい病院で過ごして帰宅した後は、かなり濃い黄色いチッチと少量のうんち(枝入り^^;;)。

160330_113920.jpg

病院で興奮したからか、お水を結構飲み、カステラ3かけ、ドーナツ1かけを食べました。
久々に自分から2階へ行きたがったので、サポートしながら2階へ行き、娘とチョビはお昼寝。
14:30頃、チョビがう〜う〜うなっているので見ると、肩から足にかけて呼吸に合わせて痙攣するように震えていました。
そのせいで眠れないのを不満に思っているようなチョビの表情。
抱っこひもで1階に下した後は、食欲が戻ったのかPHコントロールをドライのまま一握り半ほど食べてくれました。

体の震え(痙攣?)が続くので、その様子を動画にとって、再び病院へ。
皮下点滴による違和感や痛みによるものの可能性があるけれど、腫瘍からくるものなら今後も続くはずなので、その場合には対処療法をしましょうということに。

夕方の帰宅後はかなり濃い黄色いチッチ。
水を少し飲み、ウェットフードを1かけだけ食べてくれました。
ただ、これ以降はなぜか玄関タイルから全く動こうとせず、部屋にも頑として入ろうとしませんでした。

その後も震え(痙攣?)が続き、大きく震えることも多くなってきたので、心配で病院へ電話。
点滴による影響の可能性も大きいので、とりあえず様子を見てくださいとのこと。
点滴による影響なら明日の午前中には収まるだろうとのことでした。
点滴による影響でなく、腫瘍からくるものなら今どうこうできるものではないのだろうと解釈して、言われた通り様子を見ることにしました。

夜、チョビがソワソワしたので、一度外へ連れていくと、かなり濃い黄色いチッチをして、なぜか車に乗ろうとします。
タンタンやコニーちゃんの周りをウロウロ。
病院にいけば楽になるって思っているのかな。
楽しい思い出がいっぱいのコニーちゃんに乗りたいのかな。。。
チョビと話ができたらどんなにかいいだろうなぁ。

結局、この日は経口抗生剤は飲んでくれませんでした。
口に押し込んだけど、しばらくしたら出してました_| ̄|○


2016年03月29日

抗がん剤投与と一旦中止

3月25日(金)相変わらず食欲は旺盛。
早速届いた後ろ足歩行補助ハーネスでお散歩に行きました。
チョビの歩様に合わせて少しだけ上にあげてあげると楽に歩けるようです。
夜、少し体が熱く感じたので、手術毛刈りした右後ろ足の内また付け根で体温を測ると38.2℃でした。
ちょっと高いので心配です。
また水を飲む量が減っているのも気になります。

3月26日(土)相変わらず食欲旺盛、この日はかかりつけの病院へ。
直腸検温では39.4℃。やはりちょっと高い結果。
そして、胸部+腹部X線検査とエコー検査をしました。
結果、、、2週間前と比べて肺の影はさらに白い部分が多くなっていました。。。
また膀胱エコーでは、石が複数個ジャラジャラ動いているのが確認できました。
肝臓や腎臓などほかの臓器には画像上は異常は見られず、リンパ節もそこまで大きい腫れはありませんでした。
肺の状況から、状態はあまり良くないわけで・・・
迷っていた抗がん剤をやってみることになりました。
まずは、オンコビン(ビンクリスチン)を週一回静脈注射、シクロホスファミド(エンドキサン)を1日おきに服薬、プレドニゾロンは最初の1週間は毎日服薬します。
インタードッグも引き続き週3回注射することにしました。
ただし、インタードッグはオンコビン注射とは別の日に行うこととし、この日はまずオンコビンを点滴してもらいました。

帰宅後はとてもだるそうで、夜には突然パンティングが数分続き焦りましたが、その後は静かになり、パンティングもその1回だけで終わりました。

3月27日(日)相変わらず食欲旺盛。大好きなお隣さんからいただいたスペシャルガムをご機嫌でカジカジしていました。
この日もインタードッグ注射のため病院へ。
直腸検温は39.3℃と相変わらずちょっと高め。
帰宅後は涙が多くなり、前肢で目を掻くようなそぶりが何度もあり、花粉症??
また夜間就寝中、咳のような、えずくようなコフコフが断続的にありました。

3月28日(月)相変わらず食欲旺盛。
そして相変わらず涙も多く、目ヤニがひどくなりました。
またさらに水を飲まなくなったことが心配です。
排尿量は変わっていないのでとりあえず様子見ですが・・・
夜、シクロホスファミドを服薬した後は、非常にだるそうで、呼ぶと目が合うのですが、もう目を開けていられない・・・という感じで目を閉じてしまいます。
苦しいのか、う〜う〜うなるときもあるのが可哀想・・・
少し顔をあげてウトウトしては、ペタッと顔を床につけることを繰り返します。
内また付け根での検温は38.3℃で、まだちょい高め。

本日3月29日(水)朝ごはん、いつものボールから全く食べません。
手で少しづつ口元に持って行ってあげたら完食してくれましたが、こんなことは今まで具合が悪くてもありませんでした。
チョビの体に大きな変化が起きているのは間違いありません。
それが薬によるものなのか病気によるものなのかは今は分かりませんが・・・
相変わらず水は飲まず、これも脱水にならないか心配です。

そんな中、10:20頃、チョビが大量に嘔吐しました。
しかも日曜日にあげたマイタケも混ざっていました・・・
今日は、インタードッグ注射の日でもあったので急いで病院へ。
直腸検温は38.6℃と平熱に下がってくれていました。
そして、ここ数日のチョビの状況を伝えて相談した結果、経口抗がん剤のシクロホスファミドとステロイドのプレドニゾロンは一旦止めることにしました。
止めて食欲が戻るようなら薬の影響、戻らないようなら病気の影響の可能性が高いと判断できるので。
その上で土曜日のオンコビンを継続するかどうか判断することにしたのです。
そして6回目のインタードッグ注射を打ってもらいました。

帰宅後は病院で興奮したからか少しお水を飲んでくれました。
しかしその30分後、再び大量嘔吐。これには前日にあげたキャベツが混ざっていた・・・
病院に電話すると、連れてきてくださいとのことだったので、再び病院へ。
吐き気止めの注射と胃酸の分泌を抑える注射をしてもらいました。

帰宅後は薬が効いてきたのか、食べたそうなそぶりだったので、本当は昼ご飯は抜きにしようと思ったのですが、ヨーグルトを小さじ1杯、ふやかしたフードを3粒ほどあげたらペロリと食べてくれました。

夕方、先生からはフードはいつもの半分程度にしてくださいとのことだったので、半分ほどのフードをあげたのですが、顔を背けて全く食べようとしません。
(-ω-;)ウーン、チョビが大好きなフードを食べないなんてこれはやはり一大事。
フードも拒否、水も拒否、ヨーグルトだけはなんとか大さじ1杯ほど食べてくれました。
その後ぷー姉がチョビのお見舞いに来てくれて、興奮したチョビ、興奮ついででなんとか水も少々、さらにヨーグルトも大さじ1杯を食べてくれました。
ぷー姉帰宅後、ぷー助たちがご飯を食べているとクレクレオーラが
しかしここでもフード拒否、さらにヨーグルトも拒否。
そこでスライスチーズがあったのであげてみるとパクパク食べてくれました。
ただチーズは塩分も多いし消化もよくないし、胃が弱っている時にあまりあげたくない食材のため、半分だけで止めておきました。
その後は少しえずいてはいましたが、吐くことはなく、寝ています。

明日はなにかし食べてくれるといいのですけれど・・・