2010年10月03日

玄関水槽はディスカスで再開

先日、玄関の海水槽をトイレに引越しさせたことから、しばらく空き家になっていた玄関の水槽。
リビングの90センチ水槽からディスカスとコリドラス・シュワルツィを移し再開しましたぴかぴか(新しい)
ろ過装置が長いこと壊れたままだったため、修理に出し万全の体制での(?)再開ですひらめき
再開にあたっては、水草を大幅に追加し、ディスカスも新たに3匹投入しました。
悲しいことに新入りくん1匹は☆になってしまいましたが・・・

CIMG2761.JPG
こんな感じで再開した玄関水槽、いうなればディスカス水槽でしょうかぴかぴか(新しい)

CIMG2758.JPG
手前のコがわが家にきて2年になるディスカス、奥の2匹が今回新たに投入したコたちかわいい

CIMG2741.JPG
このディスカス水槽では最古参となるコリドラス・シュワルツィぴかぴか(新しい)
かなりの恥ずかしがり屋さんで、めったに前面に出てきませんふらふら

CIMG2762.JPG
普段はこんな感じのシュワルツィさんですあせあせ(飛び散る汗)

久々に玄関スペースに潤い感がよみがえりましたかわいい
緑や水槽があると癒されるんですよねぴかぴか(新しい)
みなさん長生きしてくださいね〜わーい(嬉しい顔)
posted by ぷー助 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | お魚さんたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

海水槽、改装オープン

ここ何年も玄関に設置されていたカクレクマノミさんたちの海水魚水槽。
ずいぶん大きくなっていたクマノミさん2匹が、先日相次いで病気と脱走(朝起きたら床で乾いていた・・・><)で☆になってしまい、すいぶんと寂しくなってしまったので、規模を縮小し新たにトイレに設置されましたぴかぴか(新しい)

CIMG2710.JPG
トイレでリニューアルオープンした海水槽ぴかぴか(新しい)

結局イシモチくん一匹だけになってしまったので、今回新たにカクレクマノミのベビーが2匹、ホワイトソックス1匹が追加されましたるんるん

CIMG2704.JPG
少し狭いけど賑やかになりましたかわいい

CIMG2707.JPG
ホワイトソックスくん、早速今朝脱皮をしていましたひらめき

CIMG2708.JPG
古株となったマンジュウイシモチくんぴかぴか(新しい)

CIMG2709.JPG
今回新たにやってきたベビーのカクレクマノミさんペア黒ハート

以前は金魚がたくさん泳いでいたトイレ水槽、数年前から空き家状態でしたが、また賑やかに復活でするんるん
クマさんたちには当分、冷凍ブラインシュリンプベビーをまめに与えてどんどん大きくする予定ですかわいい

posted by ぷー助 at 19:37| Comment(2) | TrackBack(0) | お魚さんたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

しゃくれあごのお魚??

はっきりしないお天気だった今日、2年ぶりに昭和記念公園のコスモスをチョビと一緒に見てきました。
その模様は後ほどお伝えするとして、今日はちょっとお魚の話をば。

わが家の熱帯魚水槽の主ともいえるエンゼルフィッシュぴかぴか(新しい)
現在4匹のエンゼルさんが悠々と水槽を泳いでいるのですが、最近その中の1匹の「あご」がでてきているのです。。。

IMGP7713.JPG
このお方ですひらめき

IMGP7716.JPG
下あごがでているでしょ?

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、通常は上下の口がぴったりと閉まるのですが、このコの口はいつも半開きあせあせ(飛び散る汗)
以前はこんな感じではなかったので、なにかの病気なのかな??

他のコと比較すると、しゃくれあご具合がよく分かります。

IMGP7725.JPG
奥がしゃくれ君、手前のコと比べると下あごの厚みが違いますよね。。。

IMGP7726.JPG
本当ならこんな風にちゃんと閉じられているべき口

なにかの感染症なのでしょうか?
一応餌はちゃんと食べられているようなのですが、ちょっと心配なエンゼルさんです。。。たらーっ(汗)

posted by ぷー助 at 20:10| Comment(4) | TrackBack(0) | お魚さんたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

エンゼル、感動の子育て♪

5月にも一度お伝えしたエンゼルフィッシュの吸水管への産卵。
卵を隔離することもできないので、結局全滅してしまい、その後も産卵はするものの孵化までこぎつけることができていなかったエンゼルフィッシュですが、先日やはり吸水管に生みつけた卵が孵っていたのですひらめき

IMGP7314.JPG
小さな稚魚たちが見えるでしょうか?

これまでは、産卵しても他のエンゼルたちに食べられてしまっていましたが、最近病気で☆になってしまうコもいて、エンゼルの数が少なくなっていたからか、なんとか食べられることもなく孵化までこぎつけることができたようなのですぴかぴか(新しい)

ほかのコが近づくと、卵を守るっている親たちが物凄い剣幕で追い払うんですよ〜
たま〜に、間違って自分の連れ合いをつっついてしまって、「あ、違った・・・」と気まずそう(?)にしている姿が微笑ましかったりもしまするんるん

でも、これ以上エンゼルは増やさないことにしたわが家。
可哀想ですが、孵化した稚魚たちを保護することはせず、自然に任せることにしました。
ブラインシュリンプもなしで。。。
そうなると、どうしても少しずつ稚魚の数も減ってきてしまうのですが、その少なくなった稚魚たちを守ろうとする親魚の姿はとても感動的ですぴかぴか(新しい)

IMGP7325.JPG
親にくっついて泳ぐ稚魚たちかわいい

他の子コたちが近づくと、瞬時に稚魚たちを自分の口にくわえ、その上で近づくコたちを物凄い勢いで突っついて追い払うのですひらめき

これを見たぷー助は、最初、一瞬で稚魚たちが見えなくなったので、全部食べられたexclamation&questionと思ったくらいです。
でも、10分ほど経つと他のコたちを威嚇していた両親の口から稚魚たちが出てくるではありませんかひらめきひらめき
「あexclamation×2口に入れて守ってたんだ〜ぴかぴか(新しい)
といたく感銘を受けたぷー助ぴかぴか(新しい)

必死で子育てをするエンゼルの姿ぴかぴか(新しい)
子供を守ろうとする親の気持ちは動物共通、魚だって同じですよね。
きっと本能なのでしょうね。

今後、どれだけ生き残ってくれるか分かりませんが、静かに見守っていきたいと思うぷー助なのでしたぴかぴか(新しい)
posted by ぷー助 at 10:28| Comment(2) | TrackBack(0) | お魚さんたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

続・新たなお魚仲間

6月23日の記事で、海水魚水槽に新たな仲間がやってきたとお伝えしましたが、またまた旦那さんが新しい仲間を投入しましたかわいい

マンジュウイシモチとヘラルドヤッコですひらめき

IMGP6503.JPG
マンジュウイシモチくんで〜すかわいい

IMGP6511.JPG
3匹投入しましたが、なかなか集まってくれませんあせあせ(飛び散る汗)

マンジュウイシモチって変わった名前ですよね。
なぜに「饅頭」なのか、その由来は今ひとつよくわかりませんが、小型のエンゼルフィッシュのようで可愛いでするんるん

そして、ヘラルドヤッコかわいい
本当はキイロハギを投入したかったのですが、ちょうどショップにいたキイロハギは大きめで、お値段もなかなか立派だったのであせあせ(飛び散る汗)、もう少しお手ごろなヘラルドヤッコになったのです。

しかし、この"ヤッコさん"てば、なかなか警戒心が強いようで、人が近づくとすぐにライブロックに隠れてしまうのですあせあせ(飛び散る汗)
でも、たま〜に出てくると、これまた可愛いんですよ〜るんるん

IMGP6522.JPG
そんな狭いところで苦しくないのー??

IMGP6518.JPG
仕方ないので、水槽の横から撮ってみましたひらめき

IMGP6536.JPG
ひらめき出てきました〜ぴかぴか(新しい)

そんな恥ずかしがり屋さんのヘラルドヤッコさんですが、最近は餌をあげるときになると、徐々に控えめながら様子を伺いに出てくるようにになりました〜かわいい

そして、リビングの淡水魚水槽にも旦那さんが新たな仲間を投入exclamation
待っていましたひらめきディスカスですひらめきひらめきひらめき

IMGP6546.JPG
ちょっと小さめのコたちが5匹かわいい
ここでも一人写っていませんねたらーっ(汗)

IMGP6560.JPG
集まっていると心強いのでしょうかひらめき
可愛らしいですぴかぴか(新しい)

IMGP6567.JPG
目の周りも真っ赤で、元気いっぱいでするんるん

エンゼル同士は相変わらず縄張り争いの小競り合いがありますが、ディスカスは今のところ平穏に過ごしています。
早く大きくなってくださいね〜ぴかぴか(新しい)



posted by ぷー助 at 21:00| Comment(4) | TrackBack(0) | お魚さんたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

新たな海水仲間がやってきた!

先日、ホワイトソックスが失踪し、かなり寂しくなってしまった海水魚水槽。
新たな仲間を投入することにしましたひらめき

ホワイトソックスを1匹、バイカラー・ドティーバックを1匹、ルリスズメ9匹が仲間入りしました〜かわいい

IMGP6401.JPG
ホワイトソックスくん、先代よりも少し小ぶりなコです。
投入するやいなや岩の陰に隠れてしまいましたが、
旦那さんは「おぉぴかぴか(新しい)エビひげが見える〜かわいい」とご満悦。
今度は脱走しないでくださいよ〜exclamation

F1000035.jpg
バイカラー・ドティーバック、わが家での通称「半分ムラサキさん」
ぷー助の大好きなお魚で〜するんるん
鮮やかな色合いとちょっとつり目のおめめがキュートなのですかわいい
気性がかなり荒いので、同じ種類を一緒には入れられませんが、
すぐに人に懐いてくれるので、とっても可愛いんですよぴかぴか(新しい)

IMGP6400.JPG
ルリスズメと半分ムラサキさん
ルリスズメは、コバルトスズメの通称の方が有名ですね

以前は尾だけが黄色いシリキルリスズメというスズメダイを飼っていましたが、今回は全身青いルリスズメにしてみました。
このコたちも縄張り争いをするのですが、これだけ大勢いれば特定のコがいじめられることもないかな。
でも、写真を撮ろうとすると青色が強すぎて、きれいに撮れませんあせあせ(飛び散る汗)

IMGP6404.JPG
ちょっと賑やかになった海水魚水槽かわいい

先住のカクレクマノミのクマさんたちは、長いこと水槽を占領(ホワイトソックスは隠れてばかりだったので・・・)していたところに、いきなり新入りが入ってきて、少し戸惑っているようです。
でも、クマさんは比較的上層部、スズメや半分ムラサキさんは下〜中層部と、なにげなく住み分けもされ始めているようにも感じます。

しばらくは、このメンバーで行きましょうぴかぴか(新しい)
でも、実はキイロハギを投入したいと密かに考えているぷー助かわいい>▽<
posted by ぷー助 at 09:10| Comment(2) | TrackBack(0) | お魚さんたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

海水魚水槽の引越とトホホなその後

ゴールデンウィークに90センチ水槽を立ち上げたのに続いて、先日、それまでエンゼルたちがいた60センチ水槽に海水魚たちを引越しさせました。

まずはライブロック(その名のとおり生きた岩です^^)を移動して、お魚を移動して・・・と作業を開始した旦那さん。
ライブロックがなくなった元の海水魚水槽をふとのぞいた次の瞬間、
ぎゃぁぁぁぁーーーーーーどんっ(衝撃)
思わず自分の口を手で抑えて、なんとか絶叫をこらえたぷー助ふらふら

な、な、な、なんとがく〜(落胆した顔)
20センチはあろうかと思われる巨大!?イソメがゴニョゴニョと動いているではないですかーーふらふら
ただならぬ様子に、戻ってきた旦那さんものわぁぁぁーーっどんっ(衝撃)

IMGP6199.JPG
上からみたところ・・・たらーっ(汗)
水中ムカデみたいですがく〜(落胆した顔)


こんな感じで動きますぅーーーあせあせ(飛び散る汗)

時々ライブロックからイソメが顔を出しているのは見ていましたが、まさかこんな大きく育っているとは・・・ふらふら
そうこうしていると、巨大イソメが水槽の角から上へ上がってくるではありませんかexclamation&question
旦那さんは「気持ち悪い〜あせあせ(飛び散る汗)」といって、捕縛しようとしないので、仕方なく割り箸で巨大イソメをつまんで60センチ水槽に移したぷー助手(チョキ)

しばらくライブロックの上をゴニョゴニョ動いていたイソメさん、そのうちに岩の穴にもぐりこんでいきました。

そして、カクレクマノミとホワイトソックス、敷き砂のサンゴをうつしたら引越し終了かわいい
なにごともなかったかのような新しい海水魚水槽の出来上がりでするんるん

F1000141.jpg
巨大イソメはどこへ??

これまで45センチから60センチ水槽へ移ったカクレクマノミ。
広くなったからか、これまでよりも元気に泳ぎ回っていますかわいい
ホワイトソックスは、多少もてあましている風でウロウロ、ウロウロ。

そして、数週間たった一昨日。
ふとみると、ホワイトソックスの姿が見えません。
ライブロックを崩してみても、どこにもいないのですあせあせ(飛び散る汗)
そういえば、少し前にろ過装置の吸水口に赤い抜け殻のようなものが吸い付いていたなぁ〜と思い出すぷー助。
そのときは、「また脱皮したんだぁ」程度にしか思いませんでしたが、ひょっとして☆になってしまったのでしょうか???

だとしても、残骸がこれだけキレイになくなるとは思えません。
これまでも一緒にいたカクレクマノミが突然食べてしまうとも思えなしし・・・たらーっ(汗)
水槽から脱走したにしても、玄関から出て行けるはずはなく、一見した限りではそれらしき姿は見えずあせあせ(飛び散る汗)
玄関のすべてをどかして見たではないのでなんともいえないのですが、キレイさっぱり消えてしまったホワイトソックスくんふらふら
いったいどこへ???

水槽を前に「ホワイトソックス、高かったのにーーーもうやだ〜(悲しい顔)と落ち込む旦那さんでしたたらーっ(汗)




posted by ぷー助 at 15:51| Comment(4) | TrackBack(0) | お魚さんたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

ウィローモスのワナと黄色い水

はるか以前、昨年の春から「立ち上げる、立ち上げる」と言いながらそのままになっていたリビングの90センチ水槽。
実は先月のゴールデンウィークについに立ち上がったのですひらめき

F1000123.jpg
じゃじゃ〜んぴかぴか(新しい)

立ち上げ当初はこんな感じ↑↑↑でした。
昨年かなり増えてしまったエンゼルフィッシュで、水槽全体が占められていますあせあせ(飛び散る汗)
隔離ボックスには、ショーベタの♂やネオンテトラ、コリドラス・シュワルツィなどが入っています。
あと、流木にくくりつけていたら知らないうちに大成長してしまった水草ウィローモスたらーっ(汗)
これが、ちょっとクセモノでした・・・

魚たちを移してしばらくすると、エンゼルが毎日のように☆になっているのですあせあせ(飛び散る汗)
観察していると、どうやら新しい水槽で弱ったエンゼルが、巨大化したウィローモスに絡め取られて、逃げられなくなり、結局☆になってしまうようなのです。

そこで、ウィローモスをバッサリと剪定ぴかぴか(新しい)
すると、エンゼルも調子が良くなりましたるんるん

ただ、隠れ場所が少なくなったため、今度は隔離ボックスから離したネオンテトラたちが次々とエンゼルたちに食べられてしまい・・・ふらふら
なかなかうまくいかないものです・・・たらーっ(汗)

また最近では、微生物が発生しているせいなのか、水が黄色くなってきているのです。
いまのところ、エンゼルたちの調子が悪くなっている様子はないのですが、見た目があまり美しくありませんあせあせ(飛び散る汗)

IMGP6166.JPG
ちょっと寂しい黄色(!?)水槽

敷き砂を掃除したところ、若干キレイになったものの、まだまだ黄色いですねぇ・・・。
そういえば、旦那さんの実家の水槽も水が黄色くなっていました。
今後は、この黄色い水対策を考えないといけません。

IMGP6197.JPG
初登場ひらめきコリドラス・シュワルツィ

IMGP6195.JPG
この二人はペアのようです黒ハート




posted by ぷー助 at 15:00| Comment(4) | TrackBack(0) | お魚さんたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

今年の産卵は・・・

昨年4月から7月にかけて、分かっているだけで6回の産卵をしたわが家のエンゼルフィッシュ。
この冬、いつも卵を産み付けるアマゾンソードが枯れてしまったこともあり、今年の産卵はないだろうと思っていたところ、先日また卵を発見しましたひらめき

なんとexclamationろ過装置の吸水管(水を吸い込んでろ過装置へ向かう管)に卵を生んでいたのですひらめき
肝心の卵がボケていますが、こんな感じ。

IMGP6123.JPG
外部の管にピントが合ってますね・・・^^;

内側の管に白いポツポツが見えるでしょうか?
あれが卵です。
手前に見えるエンゼルさんが、わが家で一番大きいボスエンゼルで、卵の父親ですかわいい

エンゼルフィッシュは、両親が、産卵後から孵化までのあいだ、卵のそばについて卵を守り、生まれてからもしばらくは、親に大量の稚魚たちがくっついて泳ぐというとても微笑ましいお魚なのです。

この卵の両親も他の魚が近づくとすごい剣幕で追い払ったり、卵に新鮮な水を与えるためにエラヒレで仰いだり、口で水を吹きかけたりと一生懸命ですかわいい

ところが、一夜明けると、卵の数は一気に減っていました。

IMGP6126.JPG
両親が一生懸命水を吹きかけていますが、明らかに卵が減っていますあせあせ(飛び散る汗)

IMGP6125.JPG
卵減っちゃったよ〜

卵は栄養満点でほかの魚にとっては格好の生き餌なのです。
ですから、本当は彼らに食べられないように、卵のついた葉っぱごと隔離することが一番なのですが、生みつけた場所が場所なので隔離もできず・・・たらーっ(汗)

結局夕方には、卵はなくなってしまっていましたふらふら
隔離せずに育てるのはやはり難しいです。
孵化したとしても、稚魚のうちに食べられてしまいますしね・・・。

今年は大きなアマゾンソードを追加しない限り、何度産卵しても同じことになってしまいそうですふらふら
うーん、アマゾンソード追加しようかなぁ。
でも、これ以上エンゼルが増えても困るし・・・
悩ましいところです。

昨年のエンゼル産卵の様子は、ぷー助の過去ブログ「フトアゴ&お魚飼育日記」でご覧になれまするんるん
産卵中の動画もありますよ〜るんるん
posted by ぷー助 at 12:10| Comment(2) | TrackBack(0) | お魚さんたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

お魚さんのご紹介♪

フトアゴ&お魚飼育日記」ではおなじみでしたが、わが家には、たくさんのお魚さんたちがいます。
金魚や熱帯魚(淡水&海水)など家の中では、ろ過装置で水がちゃぷちゃぷるんるんと循環する音が絶えず、これだけでものどかな気分になるのですぴかぴか(新しい)

ただ最近、バタバタと忙しかったこともあり、水槽のお手入れが行き届かず、多くのお魚が☆になってしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)
みんなごめんね・・・
先日ようやく水替えや薬浴(病気を薬で治すのです)をして、落ち着いてきたので、またこちらでも徐々にアップしていこうと思います。

まずは金魚さんたちから。
以前は、琉金、らんしゅう、出目金、ピンポンパールたちでにぎやかだった金魚水槽。
昨夏以降は琉金2匹、らんちゅう1匹が仲良く泳いでいましたが、先月琉金2匹が☆になり、"らんちゃん"が一人ぼっちになってしまったため、先日新たに子供のらんちゅうを3匹投入しましたかわいい

IMGP5388.JPG

金魚というのは、本当にのんびりしていますぴかぴか(新しい)
熱帯魚たちと違い、縄張り争いもなく、他のコとぶつかっても全く気にしません。
ぷー助は「この広〜い心は見習わないとなぁ」と思うのです^^
寒さにも強く、冬でもヒーターがいらず、ろ過装置&ブクブク(エアレーション)だけでよいので、家計にも優しい金魚さんたちでするんるん

海水魚さんの水槽も、以前はカクレクマノミや隠れるためのイソギンチャク、シルキルリスズメ、ヤッコ、ハコフグさんと、それは賑やかだったのですが、現在はカクレクマノミ"クマさん"2匹とホワイトソックス(エビさんです)のみとなってしまいましたたらーっ(汗)

IMGP5167.JPG

クマさんたちは、非常に動きが独特で素早いため、ぷー助の古いコンパクトデジカメではシャッタースピードがついていきませんあせあせ(飛び散る汗)
ぷー助が水槽を覗き込むと、「餌ちょーだいるんるん」と"くれくれダンス"をするのですが、いざ餌をあげようとすると、物陰に隠れてしまったりするので、懐いているのかどうかが今ひとつ分かりません><
でも、仕草はとてもカワイイです〜かわいい

一方ホワイトソックスさんは、かなりの"人見知りさん"です。
普段からライブロック(岩)に隠れて、めったに姿を現しませんあせあせ(飛び散る汗)
水槽のレイアウト変更の際に、丸出しになった珍しい姿がこれひらめき

IMGP2250-thumbnail2.jpg

今度はいつ姿を見せてくれるのやらダッシュ(走り出すさま)

そして、わが家のメインでもある淡水熱帯魚水槽ひらめき
以前は、ディスカス、エンゼルフィッシュ、ベタ、グッピー、テトラ、コリドラス、オトシンクルスなどが、いくつもの水槽に分かれて元気に泳いでいましたが、現在は数度の繁殖の結果増えていったエンゼルフィッシュとベタが数匹という状況にあせあせ(飛び散る汗)

先日、玄関水槽で、尾ぐされ病とも水かび病ともつかぬ病気が蔓延し、ディスカスやプラチナエンゼルさん、そして多くのエンゼルさんたちが次々と☆になってしまったのです。
この時にはさすがに泣いてしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)

それでも薬浴をすると、数日で元気を取り戻してゆくエンゼルさんたち。
「とりあえず食い止められた〜」という安堵のため息と同時に、「本当に強いexclamation種なのだなぁ」と感嘆と感謝の気持ちでいっぱいになりましたかわいい

IMGP1158.jpg
昨春の玄関水槽の様子

IMGP5401.JPG
現在の玄関水槽

一方、リビングの水槽には、現在♂ショーベタさん4匹+♀ショーベタさん1匹と、チビエンゼルたちが元気に泳いでいます。

IMGP5384.JPG
チビエンゼルさんたちが30匹くらいでしょうか

IMGP5156.JPG
一番元気な赤ベタさん(2世)

ショーベタの寿命は基本的に1〜1年半といわれています。
このコたちはすべてわが家で生まれ、すでに生まれてから1〜1年半が過ぎていますが、今も美しい姿を見せてくれているのですかわいい
これからも、まだまだ頑張ろうねるんるん

しかし、エンゼルフィッシュというのは、本当に強いと思います。
気性もかなりの「強気さん」で、縄張り意識も強く、頻繁に突っつき合っています。
そして病気になっても回復力がすごいひらめき
ただ、他の小さなお魚には脅威にもなります。

先週末、旦那さんが寂しくなった玄関水槽に、新たにネオンテトラ50匹とコリドラスパンダを5匹投入したのですが、1週間たたずして、テトラは2匹を残し食べられてしまったようですあせあせ(飛び散る汗)
パンダさんもご遺体が4つほど見つかりました・・・。
残りの1匹は見つからず・・・。

どちらも小さかったので、エンゼルさんの攻撃を受けないよう、しばらくは別水槽での飼育が必要だったと反省していますもうやだ〜(悲しい顔)
現在は、残ったテトラ2匹をリビング水槽の隔離ボックスに移しました。

IMGP5385.JPG
間一髪、難を逃れたネトンテトラさん

早く大きくなってくれるといいなぁかわいい

そして、お魚さんたちと同様に忘れてならないわが家のアイドル、フトアゴヒゲトカゲの大将通称"大ちゃん"ひらめきも相変わらずのんびりと日々を過ごしていますが、大ちゃんの様子はまた後日アップすることにいたしましょうぴかぴか(新しい)

posted by ぷー助 at 10:20| Comment(2) | TrackBack(0) | お魚さんたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする