2017年06月30日

2017 6月の花々

昨年秋に我が家のシェードガーデンに仲間入りした、憧れのジギタリス・イルミネーション(ピンク)。
2株のうち1株が小さなままでこのまま枯れてしまうのではないかと心配していましたが、小さな花茎が3本成長し、無事花を咲かせてくれました。
また、5月に立派な花を咲かせてくれた株の方も、2番花が咲いてくれました。

201623-01.JPG
小さいながらも花をつけてくれました(*^▽^*)

201623-02.JPG
別の角度から

201623-03.JPG
2番花が咲いている大株のジギタリス・イルミネーション

他にも、亡き父がユリ園で買ってきてくれたユリや種から育てたナデシコ、矢車菊・、サルビア・コクネシアなどが6月の庭を飾ってくれました。

201623-04.JPG
アプリコット色がたいへん美しいロイヤル・トリニティ
父を思い出します

201623-05.JPG
この花形はアメリカナデシコなのかな〜
どこかからいただいた種でのですが、よく覚えておらず・・・^^;;

201623-08.JPG
昨年我が家で採種した種からの矢車菊
青も素敵ですが、この薄ピンク色がお気に入り♪

201623-06.JPG
シェードガーデンでひっそりと咲くアスチルベ
もう少し存在感が出るように仕立てていきたいです

201623-07.JPG
昨年もよく咲いてくれたサルビア・コクネシア(ピンク)が無事冬越しできました
ナチュラルガーデン風な雰囲気を醸し出してくれるので、プランターから花壇に地植えしてみました

この時期は春先のような派手さはありませんが、しっとりと落ち着いた花々を楽しむことができます。
併せて現在、夏に向けて種まきしたマリーゴールド(一部は花壇に定植済み)やジニア・プロフュージョン、こぼれ種をポット上げしたサルビア・シズラーミックスなどを育成中なので、順次夏花壇に定植していきたいと思っています。

201623-09.JPG
定植を待つマリーゴールドやロベリア



posted by ぷー助 at 10:34| Comment(2) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
プーすけさん、こんにちは。
アプリコットカラーのユリキレイですね。
花を見て亡きお父様を思い出す気持ちよく分かります。
うちも庭の桜と藤の花を見ると亡き母を思い出します。
大切に育ててあげて下さいね。(*^^*)
Posted by 黒猫 at 2017年07月03日 12:38
黒猫さん、こんにちは。
故人が大事にしていたり、贈られた花って思いがこもりますますよね。
私も実家の庭の花々を挿し木にしたりして、徐々に我が家に移しています。
いつまでも大切にしたいものです^^
Posted by ぷー助 at 2017年07月05日 16:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック