2016年02月27日

ありがとう、大ちゃん

今週火曜日の23日、我が家のフトアゴヒゲトカゲ大ちゃん(本名:大将)がお空に帰っていきました。
我が家にやってきて9年と約2カ月、推定年齢9歳3カ月でした。

ここ数年は食が細くなりつつも元気だったのですが、先週木曜日位からガクンと具合がわるくなり、火曜日の午前中、ぷー助がちょっと外出して帰宅すると、すでに息を引き取っていました。
看取ってあげられなかったことが心残りでなりません。
まだ温かく、眠っているようなお顔でした。

ここ数日は排泄に難儀していたのですが、それでもこの日の朝には頑張って排泄した跡もあり、最期まで立派に生き切った大ちゃんです。
たくさんたくさん褒めてあげました。
そしてぬるま湯で体をキレイにしてあげました。

20160225-7.jpg
最期、一人で逝かせちゃってごめんね・・・

20160227-3-2.jpg
小さな骨壺に入って帰宅した大ちゃん
チョビもさりげなく寄り添ってくれています

20160227-5.jpg
しばらくおうちでゆっくりしようね

9年間、素敵な時間を一緒に過ごせてぷー助は幸せだったよ。
ありがとう、大ちゃん。

こちらに小さい頃の大ちゃんの写真がたくさんあります。
良かったら見てあげてください。
気持ちの整理ががついたら、改めて大ちゃんの成長記録写真をまとめてupしたいと思っています。




posted by ぷー助 at 21:24| Comment(4) | TrackBack(0) | フトアゴ大ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

ショートデイキャンプ@青野原オートキャンプ場20160221

週末、久々にキャンプでも行こうかと思っていたぷー助一家ですが、土曜日は午後から大荒れの天気になるということだったので、泊まりのキャンプは断念。。。
昨日、日帰りでデイキャンプに行ってきました。
滞在時間は3時間半という非常に短いデイキャンプでしたが、とてもよいリフレッシュになりました。

向かったのは青野原オートキャンプ場。
我が家からは下道で1時間くらいの場所です。
ちなみにチョビは例の炎症治療中ということで、今回はお留守番でした。

20160221-01.JPG
ここはお花見キャンプが有名で、すでに河津桜が咲き始めていました

20160221-02.jpg
やはり自然の景色はいいですね〜

20160221-03.jpg
入り口付近からの様子

20160221-04.jpg
我が家も早速オーニングを広げてセッティング

20160221-05.jpg
パパがホットサンドを作ってくれています

20160221-06.jpg
美味しそうでしょ

20160221-07.JPG
お腹いっぱい食べた後は散策したり

20160221-08.JPG
夏には川遊びで人がいっぱいになるそうです

20160221-09.JPG
釣りをしている方もいました

20160221-10.jpg
サイトの中ほどから入口方面をみた様子

けいちゃんも持って行った縄跳びで遊んだり、バドミントンを楽しんだりで、滞在時間は短いデイキャンプでしたが、大人も子供ものんびり楽しむことができました
シーズンオフなので人もそれほどいないし、まったり過ごすには最高です

ちなみにこちらのキャンプ場、冬季は休業中なのですが、こんなシステム↓↓↓↓↓で運用されていました。

20160221-11.jpg

もちろん、しっかり500円をお礼のメッセージをつけて投函してきました
撤収時には来た時以上にキレイになるようゴミを拾いますよ〜

20160221-12.JPG
こちらこそありがとうございました

キャンピングカーでのデイキャンプ。
オーニングを広げて椅子とテーブルを出すだけなので、設営も撤収も本当に簡単です。
これなら短時間の滞在でも十分楽しめるなぁと実感しました
これまではタープを張ったり、テントを張ったりで、設営にも撤収にも時間がかかって、とてもじゃないけど、たった数時間のためにそんな労力をかけるのは・・・と考えていました。
やはり設置した以上は長時間滞在したい!!と思うので、短いデイキャンプってしたことなかったのですが、コニーちゃんならさっと来て、さっと帰れるので、しみじみキャンピングカーって素晴らしいと思いました

また近いうちにキャンプしたい熱が上昇中のぷー助一家でした



posted by ぷー助 at 09:01| Comment(2) | TrackBack(0) | おでかけ・旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月19日

チョビたん、エリザベスの刑に・・・

前回記事のとおり、治療食で尿のPHコントロールとダイエットに励んでいるチョビですが、ここにきて新たなトラブルが・・・

16日(火)の夜、しきりとぺろぺろ左後大腿部内側を舐めていたチョビ、そういえばここ数日同じところを舐めているよなぁと気になってよくみてみると・・・
広範囲にわたって赤くただれて炎症を起こしているではないですか!?
(びっくりして写真は撮っていません)
とりあえず、これ以上舐めないようにと昨年も耳血腫の時に大活躍したカラーをつけることに。

翌日かかりつけの病院に連れていくと、これは舐めかぶれですね〜とのこと。
特に傷があるとか、湿疹があるとかではないですが、広範囲で炎症もひどいので抗生物質(セファクリア)とステロイド(プレドニゾロン)を服用することになりました。
当然のことながら、炎症がよくなるまでカラーはつけてくださいね、とのお言葉。

ということで、またしてもエリザベスの刑の処せられているチョビなのでした。

DCF00118.jpg
これは本日19日のもの
赤みが薄れてきています

DCF00116.jpg
チョ:はやくとってよ〜

DCF00117.jpg
カラー生活にもだいぶ慣れてきました^^;;






posted by ぷー助 at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | お散歩仲間チョビ&アイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

チョビたん、治療食へ

昨年10月にペットドックを受診し、明らかになった尿内のシュウ酸カルシウムの結晶。
この時は、数も微量かつ非常に小さな結晶で、膀胱のエコーには全く映らなかったため、1か月後に再検査することになりました。

一か月後の11月に再検査をしたところ、やはり同様に尿からシュウ酸カルシウムの結晶が検出されたため、その後も定期的に経過を見ていくことになりました。
↑ここまでは以前にも記事にしました。

で、今月の検査結果。

今回尿からは、これまでとは違うストラバイトの結晶が検出されました。
シュウ酸カルシウムは今回は検出されなかったとのこと。
そして、膀胱のエコーに2mm程度の小石が2-3個映っていました。
エコーだけでは結石の種類を特定することはできませんが、状況からしてストラバイト結石である可能性が考えられます。

尿のphも前回2回はph2前後の酸性だったのが、今回はph7という結果でした。
ph7ですから中性の数値ではありますが、明らかにこれまでよりもアルカリ性よりに移行してきているわけで、アルカリ性の尿でできやすいとされているストラバイト結石ができていても不思議ではありません。

どちらの結石であったにしても、このまま放置していては膀胱や尿道など傷つけて感染症を発症してしまう可能性があるので(今回出血については確認されませんでした)、まずはphコントロールのためのフードに切り替えることになりました。
ストラバイトであれば尿を酸性にすることで石を溶かすことができます。

しかしシュウ酸カルシウムなら石を溶かすことはできないので、尿道を通らない位大きくなるようであれば外科的に手術をするしかないそうです。
2mm程度の石であれば、チョビのような大型犬なら尿と一緒に排出されることもよくあるようですが。。。
今回エコーで確認した石がステラバイトであるよう祈るばかりです。
今月下旬に再度、尿検査とエコー検査をするので、どうか石が小さくなっていますように

しかし、それにしてもこの切り替えた治療用のフードがお値段も立派でして・・・^^;;

phkonrtoro-ru.jpg
ロイヤルカナンのphコントロールライト

病院で取り寄せてもらったのですが、8キロ12,000円でしたΣ( ̄□ ̄|||)
薬だと思えばいいんですが、なにせこれまでサイエンスダイエットシニア18キロ7,000円前後、スーパーゴールドネオシニア15キロ6,000円前後というフードになれてしまった我が家にとっては、3〜4倍の値段に跳ね上がったわけでして・・・

チョビの体重などを勘案して1日300gと、かかりつけの先生が決めてくださったのですが、8キロだと26日しかもたないんですよね・・・
ネットで調べたら同じ8キロのものがもう少し安くあったので、今後は病院じゃなくてネットで買うことにしようかなぁ・・・とか考えちゃいます(´・ω・`)

今回の結石とは別ですが、実は今月上旬の検査時体重を測ってもらったら、10月に27.4キロだったのがなんと29.4キロに増えていましたΣ(゚д゚lll)ガーン
ダイエットの方も併せて行わねばならずということで、phコントロールフードも『ライト』になったのでした^^;;

なにはともあれ、今月末の検査、よい結果でるのを祈るばかりです。

DP8155-4-0027_XL-2.jpg
早く石が溶けてくれるといいね、チョビ



posted by ぷー助 at 11:37| Comment(2) | TrackBack(0) | お散歩仲間チョビ&アイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月13日

憧れのHYMER ML-I620 〜 ジャパンキャンピングカーショー2016

今年も行ってきましたジャパンキャンピングカーショー2016
昨年はコニーちゃんの納車待ちでワクワクしながら見に行ったことを思い出します。
昨年の様子はこちら(ZiL5のレポートに終始していますが・・・)

20160213-01.JPG
入り口付近からの会場の様子

そして今年はなんといってもこれを見るのが一番の目的でした

20160213-02.JPG
HYMERの日本初上陸となるML-I620

少しでも早くしっかり見たかったので、RVランドさんに事前の見学予約をして見に行くことに
いや〜もうね、うっとりしちゃいますよ〜
広々していて、家具もしっかりしていて、とても車内とは思えないんです。
椅子の座り心地、ベッドの寝心地、どれをとっても感嘆のため息が出ます
白と明るめの木目で統一された内装が我が家の自宅内装の色合いに似ているから余計に心地よく感じるのかもしれません。

20160213-04.JPG
リアベッドルームはツインべッド(このマットの厚み
真ん中もマットにして3人でも寝られます♪

リビングエリアとは引き戸(?)で完全に仕切ることができるので、車内に2部屋ある感じがステキ

20160213-05.JPG
運転席上はプルダウンベッド

女性でも簡単に下せるし(オプションで電動にも変更できる!!)、我が家のZil520のバンクベッドと違ってマットを並べる必要もないので、すごい楽ちん

20160213-06.JPG
ダイネットのシートも座り心地最高♪
背もたれも体になじむし、3点式シートベルトもしっかりついてます

20160213-07.JPG
写真には写っていませんが、キッチンの収納もたっぷり
この辺は新型Zil520も似ています
背向かいの冷蔵庫は142Lという大容量

20160213-08.JPG
ベッドルームにはロングコートもかけられるクローゼットも

20160213-09.JPG
トイレルームと洗面所
収納もたっぷりあります

20160213-10.JPG
シャワールームはトイレとは完全分離
シャワーとトイレを同時に使えるのがいいですね〜

20160213-11.JPG
スリーポインテッドスターが輝くステアリングホイールに
オプションのレザー巻きがカッコいい

20160213-03.JPG
リアガレージは自転車がそのまま乗っちゃいます
オプションの外部シャワーもあるので汚れたものも洗い流して乗せられます

ちなみに、リアベッドルームのベッドを低く設定することもできるのですが、そうなると必然的にこのリアガレージの天井が低くなるので、ここはやっぱりハイベッド&大容量ガレージですね

こうして文章を書いていても、夢のような空間を思い出してうっとりしちゃいます
これだけの装備ですから当然お値段も立派です
でも、いつか乗れる日がくるといいなぁ

このML-I620は長さが7,800mmとかなり長いため、自宅駐車場には入りきらないので近所の月極駐車場を借りることになるのですが、その時はその時です
これに乗れるくらいなら、駐車場代なんて屁でもないことでしょう^^;;
旅先の駐車場の狭い日帰り温泉とか行けなくなりそうだけど、その時は完全分離のシャワーもあるしね

う〜ん、夢は広がりますよ〜
いつかはハイマー』ですよ〜

CIMG4599.JPG
いただいたHYMERキーホルダー
いつかこれにハイマーのキーを付けられますように


《番外編》
会場にはピカチューが遊びにきてくれたり、ゆったり飲み物などをいただけるくるま旅クラブのラウンジでまったりできたりで、とっても楽しいハイマーショー・・・じゃなかったキャンピングカーショーでした

20160213-13.JPG
ピカチューと記念写真

20160213-12.JPG
ゆったりできるくるま旅クラブのラウンジ

CIMG4597.JPG
本日の戦利品、オーニングプレート




posted by ぷー助 at 17:54| Comment(2) | TrackBack(0) | キャンピングカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

バラの挿し木 その後5 〜 冬の強剪定

一昨年(2014年)の12月に挿し木をしたバラのその後です。
なんと半年ぶりの記事upになってしまいました・・・(;^_^A

バラの挿し木その後4 〜 植え替え

上の記事の通り、半年前にはすでに枝が伸び放題で剪定をせねばせなばと思いつつ放置状態が続いておりました。。。
水やり以外は手をかけない状態ではありましたが、数は多くないものの、夏以降も絶えることなく花も咲いてくれていまして、ついつい剪定の時期を逸してしまっていました。

IMG_3908.JPG
10月24日撮影

IMG_3909.JPG
同 上

わが家のこのバラは四季咲きバラなのですが、調べてみると、どうやらバラの剪定の中でも12月から2月にかけて行う冬剪定(強剪定)は『一年の枝の成長の基点を形作る重要な意味を持つ』大変な役割を担っている模様です。
そこで、動画サイトで冬剪定のやり方を調査。
思い切ってやってみました

DCF00108.JPG
見よう見まねで剪定されたバラさんたち
(2月11日撮影)

ずいぶんとスッキリしました
色々なサイトや動画を参考に、
『一番花の枝の付け根の数段上の外芽のちょっと上』
『細い枝は根元から切る』
を実践しながら(?)こんな感じになりました。
また『切り口には癒合材を塗布する』とあったので、しっかりつけてあげました。

DCF00107.JPG
ホームセンターで買ってきた癒合材

肥料はバラ専用がないので、とりあえずマグアンプをまきました^^;;
とくかくバラを育てるのは初めてなので、分からないことだらけですが、挿し木からなんとかここまでくることができました。

初の強剪定となったバラさんたち、枯れることなく今年の春にも花を咲かせてくれますように




posted by ぷー助 at 17:51| Comment(2) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする