2007年06月29日

起死回生なるか!?

先日、満開のペチュニアの記事でご紹介した、なかなかつぼみがつかないミリオンベルのルビーさんですが、あの後、発売元であるサントリーフラワーズさんに問い合わせたところ、確かにミリオンベル・ルビーであるとのお返事をいただきました。

このルビーは、大きく枝が伸びてから花が咲くという特徴があり、イエローやコスモスピンクと比べると開花時期が遅れ気味になるのだそうです。
また、葉っぱがかなり大きいことについては、窒素過多による過繁茂が考えられるので、切り戻しをすると、分枝が促進され草姿も整い、体内の栄養バランスも改善され、株全体に花が着くようになる、とのアドバイスもいただきましたかわいい

そこで、さっそく切り戻しで〜するんるん

Imgp3846.jpg
どうでしょうぴかぴか(新しい)

1/3〜1/2程度切り戻してみました。
これで、元気につぼみをつけてくれるようになるかなぁかわいい
また、大きく枝が伸びるまで待たないといけませんが、ガーデニングは待つのもお楽しみですぴかぴか(新しい)
ワクワクしながら、待つことにいたしましょう。

そうそう、このルビーさん、追肥による窒素過多の傾向があるようで、追肥も開花まで控えるといいですよかわいいとのアドバイスもいただいたので、しばらくはお水だけのお世話になります。

また、同じ記事でご紹介した、草姿が乱れていたサフィニアのツートンカラー寄せ植えですが、こちらも思い切って切り戻してみましたるんるん

Imgp3936.jpg
ばっさりいきましたぴかぴか(新しい)

こちらは、かなり思い切って1/3程度をばっさりひらめき
ほとんど花がなくなってしまいましたダッシュ(走り出すさま)
株元にあまり葉がないあせあせ(飛び散る汗)のが気になるのですが、なんとか新芽が出てきてほしいものです。

切り戻しをすると、切ってしまったお花がちょっと可哀想なので、ぷー助はコップに活けたりして、しばらく室内で楽しんでいます。
こんな感じでぴかぴか(新しい)

Imgp3381.jpg

花のついていない、強そうな枝を選んで、何度かさし芽にも挑戦していますが、なかなかサフィニアは根がつかないですね〜
とりあえず切り花で楽しみますかわいい

このツートンのサフィニアも、またどんどん新芽とつぼみをつけてくれるようにお世話をしなくてはexclamation×2

なお今回、サントリーフラワーズさんには、非常に迅速で丁寧な対応をしていただきましたかわいい
本当にありがとうございましたexclamation


posted by ぷー助 at 15:51| Comment(2) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

実家のお花たち♪

週末、旦那さんの実家に行ってまいりました。
実家では、義父がたくさんの花を育ているので、帰るときには「今度はどんな花が咲いているかなぁかわいい」ととても楽しみなのです。

今回もガレージや庭にたくさんのお花が咲いていたので、その中からちょこっとご紹介しようと思いますかわいい

まずは、玄関横のテッポウユリぴかぴか(新しい)

IMGP3886.JPG

ユリはぷー助もいつか育てたいと思っているお花。
冬に帰省したときにも、カサブランカがとてもよい香りを放ってキレイに咲いていましたが、やはりユリはステキです〜かわいい

ペチュニアもたくさん咲いていました〜

IMGP3881.JPG


IMGP3871.JPG

IMGP3868.JPG

ハンギングにしてあるので、ちょうど目線の位置でキレイなお花を楽しむことができまするんるん
ぷー助も今度ハンギングに挑戦してみようかなぁ。

ペチュニアの隣では、ビオラがまだ元気に咲いていました。

IMGP3878.JPG

茎がピンと立って、まだまだ元気ですねるんるん

トレニアもカラフルに咲いていますかわいい

IMGP3884.JPG

夏の暑さにもよく耐えてくれるそうなので、ぷー助にも育てられるかなひらめき

このトレニアは、寄せ植えもして楽しめるんですってひらめき

IMGP3875.JPG





 トレニア、バーベナ、レースラベンダーの寄せ植えかわいい









同系色でまとめた寄せ植えもキレイですね〜ぴかぴか(新しい)
勉強になりまするんるん

こちらは、また雰囲気の違う寄せ植え。

IMGP3876.JPG






レースラベンダーとイレシネの寄せ植えぴかぴか(新しい)









イレシネは夏の花壇や寄せ植えにとても合うんですって。
葉っぱだけなんですが、色や斑入りだったりすると雰囲気がでますよね〜

こちらのお花は初めて見ました〜ひらめき

IMGP3873.JPG

クロサンドラというそうです。
サマーキャンドルと呼ばれることも。
オレンジ色のお花がキレイです〜ぴかぴか(新しい)
黄色や白いお花もあるそうです。

お庭にも色々お花が咲いていましたが、今回は雨降りだったのでとりあえずガレージ内のお花を中心に。

ステキがお庭を見ると、ぷー助ももっと勉強しなければ!と思います。
夏に向けて、お花たちのお世話をまた頑張りま〜すかわいい

posted by ぷー助 at 17:58| Comment(2) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

2007年度 京王沿線ウォーキング第3回(若葉台駅〜多摩センター駅)

先週末、京王電鉄が主催する京王沿線ウォーキングの第3回に参加してきました。
「第3回」というとおり、このイベントは今年に入り、すでに2回開催されていたのですが、ぷー助たちは今回が初めての参加になります。
すっかり、ウォーキングの魅力にハマっていますかわいい

今回のコースは、京王相模原線の若葉台駅を出発し、多摩に点在する公園を散策しながら京王・小田急多摩センター駅まで、約9.5キロを歩くというもの。
12キロ前後のコースが多いウォーキングイベントの中では、比較的短めのコースだったので、「今回は気楽に行こうるんるん」と考えていたぷー助たちでしたが、これは大〜きな間違いふらふら

さすが「多摩丘陵の公園巡り」ですひらめき
アップダウンが激しいこと激しいことたらーっ(汗)
ウォーキングというより小山のハイキングといった感じで、なおかつこの日の日中の最高気温は30度。
汗をだらだらかきながらのウォーキングとなったのです。

スタート地点に到着し、若葉台駅を出発したのは10時25分。
すでにさんさんと太陽晴れが照りつける中、スタートをしました。
最初に向かうのは、駅から遊歩道でつながっている若葉台公園です。

Imgp3719.jpg
スタート地点

Imgp3720.jpg
公園へ渡る橋からの風景

こちらの公園は、芝生が多く、非常に見通しのよい造りになっています。
テニスコートでは多くの人がテニスを楽しんでいました。

若葉台公園を抜けると、また大きな陸橋を渡り、なにやら雑木が茂る山の中へたらーっ(汗)
長く続く坂を登り、山中の畑の脇にあるけもの道を進むと、こじんまりとした神社が現れましたひらめき

Imgp3725.jpg
山中にひっそりとたたずむ八坂神社

近年のニュータウン開発により陸の孤島のようになってしまったという八坂神社。
境内のシイの木には白蛇が住み着いているという伝説があるそうです。
この周辺は尾根の最高部分だそうで、境内のベンチからは、遠く富士山を拝むことができましたかわいい

そんな山中を下りていくと、普通の住宅街に出ました。
てくてくと歩いていくと、連光寺公園にたどり着きました。

Imgp3728.jpg
公園入り口

入り口付近には、アジサイがキレイに咲いていましたかわいい
こちらの公園はそれほど大きくないのですが、都立桜ヶ丘公園の雑木林が隣接しているので、なにも考えずに散策していると、どこまでが連光寺公園でどこからが桜ヶ丘公園なのか区別がつきません。

ぷー助たちもいつの間にか、桜ヶ丘公園へ入っていました。
以前桜を見に訪れた際には、時間がなく奥まで行けなかったのですが、このような雑木林になっていたとは・・・。
当然のことながらアップダウンも激しいですあせあせ(飛び散る汗)
中高年の参加者の方々は、休み休み進んでいます。
これは確かにきつい・・・。

ぷー助たちもゼイゼイ言いながら進んで行くと、見覚えのある風景がexclamation&question

Imgp3731.jpg
見覚えのある聖蹟記念館ぴかぴか(新しい)

お花見の記事でもご紹介した、多摩市の有形文化財「旧多摩聖蹟記念館」ですね〜
キレイに咲いていた桜の木はすっかり葉が茂っていますね。
青空にお洒落なデザインが映えますぴかぴか(新しい)

桜ヶ丘公園を抜けると、しばらく住宅街を進みます。
すると、いつもは車で利用する鎌倉街道に出ました。
そのまま鎌倉街道の突き抜けて、熊野神社へお参りし、原峰公園へ入ります。

Imgp3732.jpg
公園入り口

この公園も自然豊かな雑木林に囲まれ、ハイキング気分を満喫できます。
鎌倉時代の城跡を公園にしたとのことで、関戸城址とも呼ばれているそうです。

原峰公園を抜けると、また鎌倉街道を渡り、京王線の高架下まで進みます。
高架下を多摩センター方面に進んでいくと、豊ヶ丘北公園がありました。
こちらの入り口にも見事なアジサイがたくさん咲いていますかわいい

30度という厳しい暑さと、思いがけないアップダウンの行程にぐびぐびと水分補給をしているうちに、持っていたペットボトルも空になってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)
そこで、豊ヶ丘公園の水飲み場でペットボトルにお水を入れて、再出発です。

またしばらく住宅街を進んで、最後のポイント多摩中央公園へ。
南側から入ると、古民家がありました。

Imgp3735.jpg
古民家・旧富沢家

Imgp3734.jpg
邸内の和風回遊式庭園

江戸時代から連光寺村の名主を努めるこの旧富沢家には、明治天皇などが訪れ「御小休所」として利用されたのだそうです。

また、多摩中央公園には大きな池もあり、池の周りの芝生には、たくさんの方が休んで、思い思いに過ごしていました。

そして、多摩中央公園を抜けてずんずん歩いていくと、ゴールが見えてきました。
多摩センター駅ですひらめき

Imgp3739.jpg
ゴール地点

ゴールしたのは、13時04分。
スタートから約2時間40分です。
ゴール地点でスタンプをもらって、参加賞としてアウトドアなどにも使える、薄手のまな板シートをいただきました。

今回のコースは、本当にアップダウンが多く、予想以上の苦戦を強いられました。
「距離も短いし、昼食は帰ってからでいいよねかわいい
と甘く見て、お弁当を用意していなかったのですが、もうお腹はぺこぺこあせあせ(飛び散る汗)
多摩センター駅で、天丼を食べて帰ってきました^^;

今後は、ますます暑い中のウォーキングで体力の消耗も激しくなるでしょうから、水分・栄養補給の用意をきちんとしておかねばexclamationと心に誓うぷー助でした。


posted by ぷー助 at 16:13| Comment(4) | TrackBack(0) | ウォーキングイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

満開のペチュニアたち♪

わが家では、今ペチュニアたちが満開に咲いていますぴかぴか(新しい)

最近は、ペチュニアもさまざまな改良種があります。
お手入れも簡単で、花つきもよいので、春になると本当にたくさんの種類のペチュニアの苗が園芸店に並び、どれを育てようかと迷ってしまいます。
それに改良種は、シンプルなタイプに比べると、お値段も張るので、「今年はこれ、こちらは来年」などと吟味しながら購入しなければなりません。

そして、今年のわが家のペチュニアは、サフィニア、サフィニアブーケ、ミリオンベル、ブリエッタローズの4種類が選ばれました。
まずは、わが家のメイン、玄関で家族やお客様を迎えてくれるサフィニアブーケからご紹介します。

IMGP3699.JPG
玄関メインのサフィニアブーケ

IMGP3704.JPG
コニファー、ランタナなどとの寄せ植え

IMGP3706.JPG
ゼラニウム、フクシアなどとの寄せ植え

IMGP3708.JPG
お花のアップかわいい

色は、わが家の花のイメージカラーであるイエローで統一しています。
寄せ植えの二つは、4月27日の記事でもご紹介した、あのお気に入りの寄せ植えです。
いまやサフィニアブーケがまさに「ブーケ」のように咲き誇り、ゴールドクエストやランタナを駆逐してしまっていますあせあせ(飛び散る汗)

一番上の鉢には、3株のブーケを寄せ植えしてあります。
一つ一つの花は、4センチほどなのですが、これだけ咲いているとなかなか圧巻ですねぴかぴか(新しい)
昨年は、うまく切り戻しができず、枝先ばかりに花がついて、株元に花が咲かない「ドーナッツ状態」だったのですが、今年はなんとかこんもりと咲いてくれています。

庭側へ移って、お次はサフィニアです。

IMGP3767.JPG
乱れ気味な草姿たらーっ(汗)

IMGP3671.JPG

IMGP3674.JPG

脚付きベルカップにパープルとホワイトの2色の寄せ植えしてあります。
すでに何度か切り戻しをしているのですが、どうしても横へ横へと伸びてしまい、このような姿にたらーっ(汗)
それでも、バァ〜ッぴかぴか(新しい)と広がっていて、これはこれでキレイなんですが、願わくば先ほどのブーケのように、ま〜るくこんもりさせたいものです。
こちらのお花の大きさは約7センチと大輪系。
シックな組み合わせが結構気に入っていまするんるん
でも、そろそろ切り戻しかなぁ。

お次は、庭の立水栓の上で咲き誇るミリオンベル。

IMGP3780.JPG
立水栓に鎮座するミリオンベルかわいい

IMGP3651.JPG
入り混じる2色のお花

IMGP3689.JPG
お花のアップですかわいい

イエローとコスモスピンクの寄せ植えです。
お花の大きさは、3センチほどで、ほかの種類に比べると若干小さいのですが、こんもり咲き誇るとなかなかキレイでしょるんるん

これだけ咲き誇るお花は、やはり高さをつけると非常に見栄えがするんですね〜
少し前まで、直にテラスに置いていたのですが、立水栓に移した今のほうがぐんと美しくぴかぴか(新しい)見えるんです。
同じお花なのに不思議ですね。
飾り方や植え方でこれだけ違うのですから、やはりガーデニングは奥が深い。
ぷー助もこれまで以上に色々勉強しなければひらめきと思ってしまいます。

実は、このミリオンベル2株と一緒に、もう一つ、ルビー色のミリオンベル苗も買って、当初は3株で寄せ植えをしていました。
しかし、上の2つがどんどん成長していくのに、ルビーさんだけが全く新芽も出ず、買った当初のままの大きさで成長しないのです。

そこで、ルビーさんだけを別の鉢に移して育てていたところ、新芽はどんどん出てくるようになったものの、未だつぼみの「つ」の字も見えないのですたらーっ(汗)

IMGP3765.JPG
ちょっとトホホなルビーさんたらーっ(汗)

昨日遊びにやってきた母には、「これミリオンベルじゃないんじゃないの?葉っぱが違うわよ」とまで言われる始末・・・。
うーん、ちょっと発売元に問い合わせしてみようかと思っているぷー助です。

そして、最後はブリエッタローズ。

IMGP3662.JPG
清楚な白がまぶしいですぴかぴか(新しい)

IMGP3660.JPG
バラのようなお花

こちらは、八重咲きでとても豪華なペチュニア。
色はピュアホワイトです。
大きさは4.5センチほどですが、まさに「ローズかわいい」というたたずまいですね。
八重咲きなのに花数も多いという、非常に貴重な品種です。

花の色が白なのに、白いベルカップに植えてしまったため、花の色があまり引き立たなくなってしまったところが大きな反省点。
バラよりも断然にお手入れが簡単なので、「バラはまだ難しいけど、バラっぽい雰囲気を楽しみたい」というぷー助にぴったりなお花でするんるん

いまやペチュニアは、大輪から小輪まで、茎が立ち上がるタイプや垂れ下がるタイプ、一重咲きや八重咲きと本当にさまざまな品種があって、花色も豊富でお店で見ているだけでも、楽しくなります。

今年わが家に来てくれた4種類のペチュニアさんたち、きちんとお世話をして、秋までキレイに咲かせてあげなくてはひらめき


posted by ぷー助 at 13:33| Comment(2) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

ほっほっホ〜タル来い♪

週末に、ホタルを見てきました♪

ぷー助の自宅近くの親水公園では、毎年ゲンジボタルが放流されているのです。
以前ご紹介したこいのぼりがぱたぱたとはためいていた親水公園です。
今年も、4月に約1,600匹のゲンジボタルの幼虫が放流され、無事に土から孵ったホタルたちが、いま見ごろを迎えていますひらめき
わが家からは歩いて10分ほど場所なので、土曜日・日曜日と連続して足を運んでみました。

青白いというよりも、黄緑に近い淡〜い光を放つホタルたちが、水辺や草むらの中で静かにたたずんだり、飛び交ったりしていました。
乱舞とまではいきませんが、数個の光が交錯しながら飛んでいる様子は素晴らしい!
水面に映る光も非常に美しく風情がありますぴかぴか(新しい)

中には、ふわぁ〜っと見物客たちのほうへ飛んでくる、サービス精神旺盛(?)なホタルもいて、そのたびに見物客からは「わぁぴかぴか(新しい)」と静かな歓声が上がります。
ふっと、隣にいた小学生くらいの男の子の手にとまったホタルひらめき
手のひらの中で、チカッひらめきチカッひらめきと光を放ちます。
両親に促され、ぱっと開いた手の中から飛び立つホタル。

東京にもこんな場所があるんだなぁかわいいと嬉しくなりました。
ぷー助は、幼い頃遊びに行った母の実家の近くでホタルを見たきりだったので、本当に久しぶりのホタルぴかぴか(新しい)

ホタルの光は、昔から、亡くなった人の魂になぞられたり、人々が担う理不尽な薄幸の象徴のように受け取られてきたそうですが、ぷー助には、とても温かい癒しの光ぴかぴか(新しい)のように感じられます。
美しい自然が少なくなった現代にあって、「清流の象徴ともいうべきホタル」というイメージが強いからかもしれませんが、あのやさしげな光は心を温かくしてくれます。

昨日あたりがピークだったようですが、今年も機会を作って、また見に行こうと思っています。

ちなみに当然のことながら、ホタルをカメラに収めるのは難しいのですが、一応旦那さんがチャレンジしてみました。
前日に一眼レフを持っていったものの、ぬかるみのため大型三脚が設置できず、翌日コンパクトカメラと小型三脚を持参してチャレンジ。
露出時間は15秒。これが、コンパクトカメラの限界かふらふら
ほとんど真っ暗なんですが、真ん中あたりにぽちっと光る点が見えますでしょうか?(汗)

_0012808.JPG

乱舞状態だともっとキレイに撮れるのでしょうね。
でも、心にはしっかりと焼き付いていますよ〜ぴかぴか(新しい)

posted by ぷー助 at 13:58| Comment(2) | TrackBack(0) | お散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

まだまだ頑張る冬のお花たち♪

先日、新たにピンク色の花びららしきものが見えたプリムラ・ジュリアンさんですが、やはりあれはつぼみだったようで、あの後また花が咲き出しました〜かわいい

IMGP3646.JPG

葉はずいぶん前にしおれだし、種も取れ始めていたのに、また新たに花を咲かせるなんて元気ですね〜
さすがに、花の発色はあまりよくはありませんが、開花期を過ぎてのお花ですから、文句は言えません!

しかし、ますます暑くなるこれからの時期、プリムラ・ジュリアンは多年草とはいえ、暑さに弱いので、よほど涼しい地域でなければ夏越しは難しいといわれます。
なんとか、夏を乗り切り、また来年もお花が見られたら嬉しいのですがぴかぴか(新しい)
でも、そのためには、いまはあまり花を咲かせないほうがいいのかしら??

そして、ジュリアンと同じように昨年の秋口から玄関を彩ってくれていたパンジーも、庭へ移動した後も、まだまだ頑張っています。

IMGP3716.JPG

IMGP3718.JPG

やはり、最盛期にくらべると花も小さめでひょろひょろと伸びてしまっている感がありますが、まだまだつぼみがでてくるんですぴかぴか(新しい)
さすがに、気温が上がってくると、株がへたってきて、花も下を向いてしまいますが、夕方気温が下がり、水をあげると、またピ〜ンと顔をもたげてくれまするんるん

冬のお花も、もう少し楽しむことが出来そうでするんるん
posted by ぷー助 at 14:53| Comment(4) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

散歩道の花々〜初夏編その3

昨日の暑さとはうって変わって、雨がしっかり気温を下げてくれていますね雨

今日は、散歩道で見つけたお花のご紹介かわいい
最近は、色々なお花がたくさん咲いているので、ついつい写真も貯まってしまいますが、機会を見つけて、なるべくアップしていきたいと思います。

これはちょっと変わった近所の植え込み。

IMGP3356.JPG

IMGP3360.JPG

5月25日の記事でご紹介したタニウツギの近縁種、ハコネウツギ(箱根空木)ですね。
ハコネウツギとよく似たニシキウツギという花もあるのですが、ニシキウツギは、花の形のラッパの広がりがもう少し緩やかなので、これはハコネウツギではないかと思います。

このハコネウツギは、ご覧のとおり1本の木に白い花やピンクの花が咲いていますが、これは咲き始めは白く、だんだんと紅色に変化していくというお花なのです。
1本でカラフルに楽しめます♪

お次は、道端でよく見かける花ですね。

IMGP3366.JPG

北アメリカ原産の多年草、ワルナスビ(悪ナスビ)ですね。
別名をオニナスビ(鬼ナスビ)ともいうそうです。
茄子の花に似ていることと、茎や葉にトゲがあるので、このように呼ばれるようになったのだそうですが、トゲがあるだけで「悪」とか「鬼」とか言われるなんて、ちょっとヒドイような気がしませんか?
秋になると実をつけるそうですが、残念ながら「茄子」ではありません^^

こちらは、ちょっと遠くて見ずらいかな。

IMGP3466.JPG

ヤマボウシ(山法師)ですね。
別名をヤマグワ(山桑)というそうです。
花の形がハナミズキと似ていますよね〜
秋になると、甘い味の赤い実がつくそうですが、遊歩道から離れたところにあるので、実をいただくことは出来そうもありませんあせあせ(飛び散る汗)

お次は、いわずと知れた旬のお花かわいい

IMGP3477.JPG

IMGP3478.JPG

各所で満開になっているアジサイ(紫陽花)ですね〜
アジサイの花は、土壌が酸性なら青、アルカリ性なら赤になると言われています。

でも、同じ場所で、なおかつ一つの木に青やピンクの花が咲いているのは、どうしたことなのでしょう?
土壌は常に変化していて、その成分の吸収度合いによるものなのでしょうか??
それなら白いアジサイって一体???

ひらめきいずれにしても美しいことに変わりはないですねるんるん

ぷー助の実家でもアジサイが満開です。
雨の重みで、ずいぶんと下を向いてしまっていますが、まだまだ楽しめるアジサイかわいい
鎌倉でも咲き始めているようですし、お花見でも行こうかな〜♪


posted by ぷー助 at 17:07| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | お散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

満開のキンシバイ♪とジュリアンの復活!?

わが家の庭側と玄関側では、いまキンシバイ(金糸梅)がキレイに咲いていますかわいい

Imgp3483.jpg
庭の垣根外側のキンシバイかわいい

キンシバイは中国中部原産の半落葉低木で、江戸時代に日本に渡ってきたと言われています。
半日陰でもちゃんと育ってくれるので、南側の庭だけでなく、北側の玄関も鮮やかに彩ってくれるのですぴかぴか(新しい)
花の形が梅に似ていることや雄しべが金の糸のようであることからこの名前がついたのだそうです。
でも、キンシバイの花は、梅の花よりもずっと大きいんですよ〜ぴかぴか(新しい)

Imgp3487.jpg
玄関横のキンシバイ、アップで〜すかわいい


実は、このキンシバイによく似た、ビョウヤナギ(未央柳、美容柳)という植物もあるのです。
どちらもオトギリソウ科の植物で、植え込みや公園などによく植裁されています。
こちらは、近所の植え込みで咲いているビョウヤナギ。

Imgp3480.jpg

よく見ると、花弁の形や雄しべの花糸など、キンシバイとは全く違うのがよく分かりますね。
どちらかというと、こちらの方が「金糸」って感じなのですけれど^^
ぷー助としては、ちょっと豪華なビョウヤナギよりも、かわいらしいキンシバイが好きかなぁ。
いずれにしても美しいお花たちですねかわいい

余談ですが、オトギリソウというとこわ〜いTVゲームを思い出します(><)
「弟切草」。小説も読んだ記憶が・・・。

まぁ、それはおいておくとして、ガーデニングの続きですかわいい
冬から春にかけてパンジーとともに玄関周りを彩ってくれたプリムラ・ジュリアンさんが、最近タネを作ってくれました〜ぴかぴか(新しい)

Imgp3490.jpg
ジュリアンダネ(?)です〜♪

花後も水と液肥をあげていた甲斐がありましたぴかぴか(新しい)
まだ、ちらほらと花が咲いている鉢もあるのですが、実は花も終わり、タネまでとれたある鉢に最近異変が・・・。

この鉢、全部で5鉢あるジュリアンの中で、一番最初に葉がへたり出して、タネをつけ始めたので、もうそろそろ枯れちゃうかな、と思っていたところ、なんとexclamation&questionまた新たに新葉とピンクの花びららしきものが出てきたのですひらめき

Imgp3566.jpg
ちょっとピンぼけですが・・・

とはいえ、「つぼみ」という体もなしていないので、まさかこれからまた咲き始めるとも思えないのですが、今後も大事に見守っていきたいと思っているぷー助ですかわいい

<追記>
5月25日の記事でご紹介した、名前の分からなかった紫色の小さな花ですが、その後調べた結果、ニワゼキショウ(庭石菖)であることが分かりましたひらめき
よく見かける白や紫の花のほかにも、青や黄色の花を咲かせる近縁種もあるようです。
posted by ぷー助 at 18:37| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

第9回私鉄リレーウォーク<第1区>(その3)ウルトラマン商店街〜祖師ヶ谷大蔵まで

約一週間ぶりとなりましたが、私鉄リレーウォーク第1区の最終回をお伝えしようと思います。

前回の終わりで、ようやくゴールまで残り2kmとなり、バラ園も堪能し、元気を取り戻したぷー助たち。
ゴールに向かっててくてくと歩いていくと、ついに現れました〜ひらめき
ウルトラマンです〜ひらめきひらめきひらめき

IMGP3324.JPG
しゅわっちぴかぴか(新しい)

ウルトラマン商店街の入り口に燦然と輝く「ウルトラマンアーチ」ぴかぴか(新しい)
旦那さんの顔もほころんでいまするんるん

これは、帰ってきたウルトラマンのジャックですね。
全部で3つのアーチがあるそうで、これは帰宅後に知ったのですが、西側アーチにはゾフィーが、北側アーチにはウルトラマンが飛んでいるのだそうですかわいい
疲れに負けず見てくれば良かった・・・たらーっ(汗)

また沿道には、ウルトラマンの旗がパタパタとはためいていて、旦那さんと同じくらいの年代の方が嬉しそうに一つ一つ一眼レフに収めていましたかわいい

そもそもこの商店街は、2005年4月に、小田急線祖師ヶ谷大蔵駅を囲む3商店街が一緒になり誕生したもので、ウルトラマンを生んだ、円谷プロダクションが砧にあることから、いわゆるウルトラマン誕生の地として、このウルトラマン商店街が誕生したのだそうです。

こちらの商店街では、ウルトラチケットという地域マネーのようなチケットで買い物などをすることができるんです。
リレーウォークに参加した人にはそれぞれ「300ウルトラ(300円分)」が配布されていたので、早速なにを買うか物色を始めます。

そして、リレーウォーク参加者向けにカウンターを出して商売をしているお店の中から、ビールを売っているコンビニを見つけた旦那さん。
「昼間っからビールexclamation&question
まぁ、休みだしいいかかわいいと、ビールとジュースを1本ずつ購入。
乾いた喉にビールが吸い込まれていきます。

ウルトラマンぴかぴか(新しい)、ビールるんるんと、なにやら初志を忘れてしまいそうな勢いですが、今日の目的はウォーキングひらめき
ここはぷー助が手綱を引いて、とりあえずゴールへと向かいます。

IMGP3329.JPG

ゴールとなる祖師ヶ谷大蔵駅周辺では、すでにゴールした人たちでごった返していました。
参加カードに第1区完歩のスタンプをもらうと、参加賞としてリゲイン1本が渡されます。
うーん、これも疲れた体に染み渡ります〜かわいい

ゴールの時計は14時30分。
昼食や休憩も含めて、4時間20分といったところ。
万歩計は、18,800歩。
今日もかなり頑張りましたかわいい

でも、今日のイベントはまだまだ終わりません。
駅周辺のウルトラマンを見て回らなければ。

IMGP3328.JPG

これは駅前の案内板です。
そして、お待ちかねの駅北側のウルトラマン像ですexclamation×2

IMGP3330.JPG  IMGP3331.JPG

IMGP3333.JPG

ひとしきり写真を撮って、いい感じに酔いの回ったぷー助たちは、ウルトラマン像を眺めながら、広場で一休みですかわいい

像の前では、次から次へと記念写真をとる方々がやってきます。
みなさんとても楽しそう♪
リレーウォークの参加者だけでなく、わざわざウルトラマン像を見に来たという方もかなり多い様子でした。
週末には見物客がけっこう来るのだとか。

広場では、ウルトラマングッズの販売もしていました。
ぷー助たちも、せっかくなのでこちらの商店街限定のウルトラマンストラップを購入。
リレーウォークとウルトラマン商店街のよい記念になりますぴかぴか(新しい)

IMGP3434.JPG
かわいいウルトラマンの袋に入れてくれます。

IMGP3443.JPG

今回は、ヨコハマ・ウォークとはちょっと違い、街中や公園を中心に歩くというイベントだったので、その分、普段なら訪れないような場所を歩いて回ることができて、非常に新鮮で面白い経験ができました。

次回も都合がつけば、ぜひ参加したいと思っているぷー助ですかわいい


posted by ぷー助 at 17:21| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ウォーキングイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

にっくき害虫><ゆるさ〜ん!!!

〜今日は、虫に食われた悲しいお花の写真なのであせあせ(飛び散る汗)、キレイなお花を期待されている方はスルーしちゃってくださいね〜

暖かい季節がやってきて、活動的になるのは人間や植物だけではありません。
虫さんたちも、むくむくと元気に活動し始めます。
で、ぷー助がお世話している花をせっせと食べてくれるわけですむかっ(怒り)

春先のパンジーやビオラもかなり被害にあっていたのですが、最近のヤツらのお気に入りは、メランポジウム、ガーデンカーネ、ミリオンベルなどのようです。

メランポジウムなんて、花びらだけキレイに食べてくれて、丸坊主ですあせあせ(飛び散る汗)

IMGP3417.JPG

IMGP3415.JPG

IMGP3419.JPG

特にニチニチソウやコンボルブルスとの寄せ植えにした鉢なんて見るも無残・・・
香りの強いマリーゴールドの鉢は、さすがに被害が少ないですが、それでもかじられているし・・・。
ちなみに、2番目の青いお花、お店でアメリカンブルーという札で並んでいて購入したものなのですが、実は「コンボルブルス」という方が一般的なんだそうですかわいい
知らなかった^^;

そして、ガーデンカーネ。
こちらは、つぼみのうちからバクバクと食べてしまって、キレイに咲いた花がめっきり少なくなってしまっていますあせあせ(飛び散る汗)

IMGP3428.JPG
見るも無残な姿です・・・


極めつけがミリオンベル。
特にピンクの花が美味しいようで、つぼみのうちからばっくばっく食べてしまうので、当初は寄せ植えにした一方の黄色いお花しか咲いていない状態でした。
なんとか薬剤などをまいて対処したものの、いまだ完全撃退までには至らず・・・。

IMGP3430.JPG
きぃ〜、こんなにしてくれちゃってむかっ(怒り)

IMGP3431.JPG
気色悪いこの糸むかっ(怒り)なめくじめーーーむかっ(怒り)むかっ(怒り)

IMGP3432.JPG
このぬらぬらした痕跡むかっ(怒り)ゆるさ〜んむかっ(怒り)むかっ(怒り)むかっ(怒り)爆弾爆弾


銅のナメクジよけや各種ナメクジ忌避剤、一般害虫用のオルトランなどなど色々なもので対抗してきましたが、完全撃退はなかなか難しい・・・。
ビールで誘引する方法もあるようですが、ナメクジごときにビールをくれてやるのは面白くないし。
最近は、夕方、ヤツらの活動時間になると、とにかく土をよ〜く見て、片っ端から「ポイッ&ブチュ、ポイッツ&ブチュ」の繰り返し。
原始的ではありますが、これが確実かも・・・。

ぷー助となめくじとの闘いは当分続きそうですパンチパンチパンチ


posted by ぷー助 at 18:43| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする